專門記事の頼み方・定義

>

こんにちわ

コンテンツウォーカー運営事務局でございます。

最近は暖かくなってきましたね^^

 

札幌でも20度超えの日が続いております。

本州ではもっと暖かいのではないかと思いますが

日によって寒かったり暑かったりしますので、

風邪など引かないようにしてください^^

 

では当運営の現状況のご報告でございます

 

一般記事
—————
一般記事ですが、現在も記事チェック強化を行っております。

ライター教育や担当スタッフも含めて

現在は

「どうしたら良い記事を提供出来るだろうか?」

「ライターをどう教育すれば良い記事を書いてくれるだろう?」

という所で、記事の品質・ライターさん教育などを

話し合いながらサービスの向上に努めております。

どうぞまたご利用いただけたら幸いです。

ココ1~2週間、受注数が落ち着いておりますので

割と良いレベルのライターさんが多く執筆出来そうです。

この機会にぜひ^^

 

 

專門記事
—————
專門記事では現在も、予約や発注が殺到しているライターさんと

少しスケジュールに余裕が出てきたライターさんがいらっしゃいます。

依頼される方はアフィリエイトサイトの記事を頼まれる方もおりますが

最近は「コラム系の記事」を依頼される方が増えているようです。
アフィリエイトサイト系の記事の場合は

依頼者さん側が望む記事内容で進む場合が多いです。

そうすると、専門ライターさんのこれまでの経験や学習内容にぴったりマッチした場合

オリジナリティのある記事を書くことが出来ますが
同じ業界だけど、勉強や経験がない場合は少し専門性が薄まります

業界の中での同業者からの噂や話しに出てくることがありますが

やはり詳しくない記事に関しては専門性を

少し専門性に乏しい内容になる記事もあったりするのが現状です。

(特に商品名記事・何かの説明記事・成分記事etc)

 

しかしコラム系・メルマガ原稿系の記事は、少しニュアンスが違っていて

基本的に「00についてのコラム系記事を書いてください」という頼み方ですので

専門ライターさんは詳細指定されている訳ではなく

コラム記事という事で、

「自分の特異な分野」「自分の好きな分野」を中心に記事を執筆出来ますので

 

学習・経験の中から一般の方と違った着眼点での記事作成が出来る

経験を元に重要な部分・本質を見出しながら記事を作成する事が出来る

一般のライターさんの記事とは一線を画した記事が作成出来る

スペシャリストとしての意見や見解を記事にすることが出来る
これらの部分が「より強調」できる記事が執筆しやすくなると思います。

 

ですのでよければコラム系・メルマガ原稿系などの、

「得意なジャンル」で記事執筆する方向で頼んでみるのも面白いです。

アフィリエイトサイトにも、コラム系の記事が合ったほうがサイトの価値も上がると思います^^

 

現在執筆しているものが終了致しましたら

受注可能なレベルの方が多いという所です。

どうぞご検討くださいませ^^

 

では失礼致します

 

By

関連サービス

team-1

店舗・会社の集客講座

(会社・店舗・個人活動向けのネット集客の無料ステップ講座)

team-2

買取店・リサイクルショップの集客

(リサイクルショップ・買取店に特化したネット集客を代行します。)

team-3

サポートコース

(記事作成後のアフターサポートあり。上位表示をするためのコース)

team-4

ウォーカーネット公式サイト

(ウェブマーケティングに関する情報を提供)